読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結論などなーい


 同期と飲みに行きました。

 新しいメガネを見てもらって、「わぁ、オフィスレディーっぽい~」と言われたいがために呼び出しました。

 同期は適当に話を合わしてくれました。優しいですね。

 なかなか会う機会のない同期なので、この前たまたま研修が被ったことも嬉しかったし、そのときお昼ごはん一緒に食べようって言ってくれたことも嬉しかったです。
 お互いの大学時代の話とか、たくさん話したけどもっと話したいなーと思いました。

 同じ部署に男性の同期がいます。個性光るひとなので、数多くの同期の中でもみんなに顔と名前が覚えてもらえててすごいです。
 マジかこいつと思うようなことするときもあるんですが、リアクションが大きいので話しやすいです。ゲームも一緒にやってくれます。
 同期の「彼氏欲しい」という発言から、その同期の話とか、あと隣の部署の男性社員の話とかしました。

 それは別に関係ないんですが、新卒で入った同期の半分が辞めたり、これから辞めることになってるらしいです。


 元々入った数が多かったので、よく連絡とる人以外のことは知らなかったのですが、なんかすごく落ち込みますね。何で落ち込むか分からないんですが、何ででしょう。
 どんどんどんどん少なくなっていきます。
 辞める理由がみんなはっきりしてて、色々考えてるんだと思ったら、就活のときのことを思い出しました。


 就活って、ぶっちゃけだるくないですか?
 あれもダメこれもダメ、これが良いって就活情報誌には書いてあったのに実際やってみたら面接官からは不評みたいな。

 肩の力抜いてやってごらん、意外とうまくいくよ!なんて言われてみたって、将来かかってるし、こんなにたくさん調べてんのにパーになること考えたら全然力抜けねーよってかんじです。
 なんか勉強みたいに明確な答えあって、あとから答え合わせできたらいいなーと思っていました。
 このときも周りの友だちとかみんな色々と考えてて、議論みたいなことしてて、私は、みんなマジかーすげーって言ってたら、いつの間にか就活終わってました。私の人生もそんなかんじなんでしょうか。
 面接してくれた人事部のひとが異動して自分の上司になるとか、夢はお花屋さんとか、他の内定出たとこには電話入れなさいとか、仕事覚えろ考えろってやってたらもう2月です。

 現状に不満あるの?ないの?って言われたらないし、悩みも全くないです。
 なんとなく雰囲気に流されて、自分にはない不安とか、そういうものが見当たらないかとワキワキしてます。
 ないです。

 ほへー。ほへへへー。
 おわり。